所得税の節税−医療費控除(誰が申告するか気をつけろ)

所得税の節税で一番身近なのは、医療費控除です。

この医療費控除は実は、自分の医療費だけでなく自分の家族(正確には、「自分と生計を一にする配偶者やその他の親族」)のために支払った医療費を合算で申告することができます。

そのため、医療費控除を適用する場合には、家族の医療費も合算で申告したほうがお得となります。


ここで、考えなければいけないのは、誰が申告するか、ということ。

医療費の額が10万円を超えている場合には、所得が一番高い人に申告してもらうと、税金が一番安くなります。

例:家族3人(夫、妻、子供)の医療費合計が30万円で、でそれぞれの所得が夫:500万円、妻:300万円、子供:50万円の場合

夫が医療費控除の申告をすると、所得税額は下記のとおり6万円軽減されます。


一方で、妻が医療費控除の申告をした場合には、所得税額は下記のとおり3万円しか軽減されません。

医療費控除は「所得から控除する制度」であり、日本の所得税は超過累進課税制度をとっているため、所得が高い人が医療費控除の申告をしたほうが得になるのです。


節税の方法−所得税編

※当サイトの内容は万全を期していますが、当サイトを利用されたことによる損害はいかなる場合も補償できません。実際に節税を実行する際には税理士に相談してください。


節税の方法 ページ一覧

姉妹サイト