所得税の節税−医療費控除(医療費の範囲に気をつけろ)

所得税の節税で一番身近なのは、医療費控除です。

この医療費控除に含まれる「医療費」の範囲は、実は、意外に広く、下記のようなものは、医療費の範囲に含まれるのです。

例えば、電車に乗って病院にいった場合。普通、領収書はありませんが、交通費がかかったことをメモ書きしておくことで、医療費控除の対象となります。

一方で、おむつ代・差額ベッド代等は特に必要と認められる場合以外には、医療費控除の対象とはなりませんので、注意が必要です。


ところで、出産費用は分娩費用等は保険が適用されないことから、通常の場合、出産をすると合計の医療費は10万円を超えることになります。

そのため、出産年には、ほぼ確実に医療費控除が適用できることになりますので、妊娠がわかった場合には、迷わず医療機関の領収書(+交通費のメモ)を集めだしましょう。


節税の方法−所得税編

※当サイトの内容は万全を期していますが、当サイトを利用されたことによる損害はいかなる場合も補償できません。実際に節税を実行する際には税理士に相談してください。


節税の方法 ページ一覧

姉妹サイト