所得税の節税−医療費控除(金額基準に気をつけろ)

所得税の節税で一番身近なのは、医療費控除です。

医療費控除は、多額の医療費を支出した場合に、所得控除を受けられる、という制度です。

医療費控除のポイントのうち1点目は、医療費控除の金額基準です。

一般的に医療費を10万円以上支出した場合しか、医療費控除が適用できない、という誤解がありますが、実は、これは誤りです。

正確には、下記の金額を超える医療費を支出した場合に、医療費控除が受けられるのです。

それでは、医療費控除額が、どれくらいになるかを考えて見ましょう。

医療費控除は、「実際に支払った医療費の合計額−保険金で補填された額」が上記金額(所得金額×5%または10万円のいずれか小さい金額)を超える場合に、その金額を所得から引くことができます。

例1:所得金額が500万円の人が30万円の医療費を支払った場合、下記のとおり4万円所得税の節税となります。


例2:所得金額が150万円の人が30万円の医療費を支払った場合、下記のとおり2.25万円所得税の節税となります。


節税の方法−所得税編

※当サイトの内容は万全を期していますが、当サイトを利用されたことによる損害はいかなる場合も補償できません。実際に節税を実行する際には税理士に相談してください。


節税の方法 ページ一覧

姉妹サイト