法人税の節税−貸倒引当金の計上

適切に経理処理をして、法人税の申告時に紙を1枚書くだけで節税できる場合があります。

今回の貸倒引当金の計上もそのひとつです。

貸倒引当金というのは、売掛金等の債権が貸し倒れることを想定して売掛金等の一定割合をあらかじめ経費処理(損金処理)するものです。

特に法人税法上の「一括評価金銭債権に対する貸倒引当金」は手軽に使うことができます。この制度を使うことにより、(業種にもよりますが)売掛金等の約1%を経費処理(損金処理)できます。

例えば、売掛金が期末に150万円ある会社の場合、「150万円×1%(貸倒実績率)×40%(税率)=6,000円」の節税がはかれます。

※ただし、この6,000円は翌期には支払う必要があります。そのため、正確には「納税しないで済む」というわけではなく「納税を翌期に繰り延べられる」ということになります。


節税の方法−法人税編

※当サイトの内容は万全を期していますが、当サイトを利用されたことによる損害はいかなる場合も補償できません。実際に節税を実行する際には税理士に相談してください。


節税の方法 ページ一覧

姉妹サイト